加入者ヘッダー

「社保サポ」に加入して社会保険料を削減したいですよね。

実際の加入者ってどんな人なのか?

自分も加入者になれるのかな?

「社保サポ」に実際に加入している人をご紹介しますね。

Hさん(42歳)妻ー専業主婦・経営コンサルタント
個人事業主になったら年金と保険料は高くて当たり前で仕方がない事と思っていましたが、それがこんなに安くなるとは!
年間で削減できる金額を見て、妻と共に大喜びしています。
生活にも気持ちにも余裕ができたので、本当に加入して良かったです。

加入者になれる人の条件です。

・フリーランスや個人事業主

・社会保険料が削減できる人

・フリーランスサポート協会の企業理念に賛同できる人

 

「社保サポ」であなたの社会保険料を削減しましょう!

\ 加入者が社会保険料を削減できる! /

 

  1. 「社保サポ」の加入者はこんな人です!
  2. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」とは何か!
    1. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」とは
    2. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」に加入できる人
  3. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」のメリット!
    1. フリーランスや個人事業主が厚生年金と社会保険に加入できる
    2. 社会保険料が大幅に削減できる
    3. フリーランスサポート協会の加盟費を経費計上できる
  4. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」のデメリット!
    1. 加入しているフリーランスや個人事業主の情報(評判や口コミ)少ない
    2. 後から小規模企業共済に加入できない
    3. フリーランスサポート協会に関するSNS投稿をする必要がある
  5. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」をおススメする人
    1. 国民健康保険が高いと感じていて安くする方法を探している人
    2. 扶養家族がいて社会保険の扶養家族にしたい人
    3. 保険料を削減できるサービスが違法ではないか気になる人
  6. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」をおススメしない人
    1. 会社員で会社の健康保険に加入できる人
    2. 毎月、理事としてフリーランスサポート協会に関するSNS投稿をしたくない人
    3. 社会保険料が38,500円以下の人
  7. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の仕組み
  8. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の料金
    1. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の月額料金
    2. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の料金の支払い方法
    3. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の加盟費支払い期限
  9. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」についてのよくある質問!
  10. 「社保サポ」のフリーランス協会とは
    1. 概要
    2. 個人事業主、フリーランスへ情報共有
    3. コミュニティの提案
    4. 新規事業の創出
  11. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の加入の流れ
    1. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の申し込み方法
    2. 加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の加入の流れ
      1. 無料個別説明会
      2. 予約の仕方
    3. 加入申し込み

「社保サポ」の加入者はこんな人です!

公式サイトから加入者の削減例を引用しましたので参考にしてください!

Aさん(26歳)独身 配送業
同業の友人の紹介で加入しました。
公式LINEから気軽に問い合わせが出来てすぐに回答をもらえたのが良かったです。
高いと感じていた年金や保険料の支払いが安くなるなんて考えてもいなかったので驚きでした。
出来ることならもっと早く知りたかったです。

 

Sさん(34歳)独身 IT関連事業
勢いのまま独立してしまい、年金や保険の事を全く考えていませんでしたが
社保サポの担当の方が分かりやすく丁寧に説明してくれたので理解することができ、お陰で節税の意識を持つことにも繋がりました。
浮いたお金は趣味の旅行に使うことに決めており、次はどこに行こうか?
楽しみを持つことが出来ました。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」とは何か!

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」とは

フリーランスや個人事業主が社会保険をお得な料金で利用できるようにする一般社団法人フリーランスサポート協会が提供するサービスです。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」に加入できる人

社保サポに加入できるのは、フリーランスサポート協会の企業理念に賛同できる人です。

そのフリーランスサポート協会の企業理念をご紹介しておきますね。

フリーランスサポート協会からの引用です。

「個人事業主やフリーランスに対して、より良い情報を集めサポートし、環境を整えること」
商材、案件、情報などを収集することやアイディアを考案することを主な活動の目的としております。
その目的のもと、役員として活動し、報告をして頂きます。
こちらの理念に賛同していただいた方のみ、加盟することができます。

フリーランスや個人事業主なら加入可能です。
ただし、保険料が削減できない場合は加入できません。
保険料については無料でシミュレーションして確認できます。
シミュレーションで保険料が削減できれば加入できます。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の保険料は無料でシミュレーションできます!

\ 加入者が社会保険料を削減できる! /

 

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」のメリット!

フリーランスや個人事業主が厚生年金と社会保険に加入できる

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」に加入すると、フリーランスや個人事業主でも厚生年金と社会保険に加入できます。

フリーランスや個人事業主は基本的に国民年金と国民健康保険に加入します。

国民年金と国民健康保険は保障の面で、厚生年金や社会保険に比べると劣っています。

健康保険では配偶者や子供は扶養に入れられないことや傷病手当がないこと、国民年金の年金額が低いことです。

社会保険料が大幅に削減できる

国民健康保険料はとても高いです。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」に入ると毎月の保険料は38,500円になります。

さらに毎月の38,500円には厚生年金も含まれているのでとてもお得です。

さらに国民健康保険には扶養という概念がないので、家族全員の保険料を払う必要があります。

また、配偶者や子供がいることによる所得控除もありません。

フリーランスサポート協会の加盟費を経費計上できる

フリーランスサポート協会の加盟費は、確定申告でフリーランスサポート協会加盟費として経費計上できます。

年間60万円の経費計上になります。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の一番のメリットは社会保険料が削減できることです

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」のデメリット!

加入しているフリーランスや個人事業主の情報(評判や口コミ)少ない

実際に加入しているフリーランスや個人事業主の評判や口コミが少ないのが気になる人もいるかもしれません。

サービスが始まったばかりなので加入者が少ないの現状です。

今後加入者を増やしていくので情報も多く出てくるようになるでしょう。

後から小規模企業共済に加入できない

[社保サポ」に加入すると後から小規模企業共済に入れなくなります。

既に小規模企業共済に入っているのは問題ありません。

もし小規模企業共済に入ろうと考えているのであれば、加入する前に手続きをするとよいでしょう。

フリーランスサポート協会に関するSNS投稿をする必要がある

フリーランスサポート協会に加入すると、理事として月に1回フリーランスサポート協会に関するSNS投稿をする必要があります。

数分で終わる作業です。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」をおススメする人

国民健康保険が高いと感じていて安くする方法を探している人

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」に加入すると健康保険と厚生年金で38,500円になります。

扶養家族がいて社会保険の扶養家族にしたい人

妻や子供の扶養家族の社会保険を払わずに済むようになります。

保険料を削減できるサービスが違法ではないか気になる人

フリーランスサポート協会が合法であることを確認して行っているサービスなどで心配は不要です。

\ 加入者が社会保険料を削減できる! /

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」をおススメしない人

 

会社員で会社の健康保険に加入できる人

会社員であれば会社で厚生年金や健康保険に入れるのでこのサービスを利ゆする必要はありません。

毎月、理事としてフリーランスサポート協会に関するSNS投稿をしたくない人

数分で済む作業なのでそれも嫌であれば加入はしないほうが良いです。

社会保険料が38,500円以下の人

フリーランスサポート協会に加入した場合でも38,500円は最低限払う必要があります。

現状がそれ低い場合は加入できません。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の仕組み

なんで加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」に加入すると保険料が削減できるのかな?

そのような疑問があるあなたに、簡単に加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の仕組みをご紹介しますね。

あなたが加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」に加入すると、あなたは一般社団法人フリーランスサポート協会の理事になります。

一般社団法人フリーランスサポート協会の理事は、毎月50,000円(税込)の加盟費を払うことになります。

また、理事報酬(給与所得)を毎月11,500円(税込)もらうことになります。

理事になると厚生年金と健康保険に加入します。

厚生年金と健康保険料が加盟費と理事報酬の差額で賄われるのです。

社会保険料38,500円 =加盟費50,000円 ー 理事報酬(給与所得)11,500円

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の料金

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の月額料金

フリーランスサポート協会加盟費「毎月50,000円(税込)」

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の料金の支払い方法

口座振込

※口座振替は対応していないので注意してください。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の加盟費支払い期限

毎月月末

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の理事報酬の振り込み日は、加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の会費の入金確認後2、3営業日です。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」についてのよくある質問!

フリーランスサポート協会が法律上に問題ないことを確認しています。
ペナルティはありませんが、1か月前に連絡が必要です。
2号被保険者として加入できます。
国民健康保険に戻ります。

「社保サポ」のフリーランス協会とは

概要

社名 一般社団法人フリーランスサポート協会

(英文社名)Freelance support General Incorporated Association.

設立 2021年5月
企業理念 個人事業主やフリーランスに対して、より良い情報を集めサポートし、環境を整えること
事業内容 個人事業主の支援

コミュニティの創出

ビジネスマッチング

新規事業の創出

所在地 〒352-0001 埼玉県新座市東北 1-8-8-101

個人事業主、フリーランスへ情報共有

 ・個人事業主への助成金や確定申告についてなど様々な情報を発信

 ・個人事業主として独立される予定の方に税務関係などの相談

コミュニティの提案

 ・個人事業主同士の繋がりを増やすためにコミュニティの形成

 ・HP制作をしている方にHPの制作を考えている事業主の方を繋げたり、有益な情報が交換できるようにサポート

新規事業の創出

 ・個人事業主として1人の力では対応しきれない部分をサポートし新規事業の創出 

 ・案件などを共有することで個人事業主へ新たなビジネス機会を発生

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の加入の流れ

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の申し込み方法

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」に加入するための申し込み方法はとてもシンプルになっています。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の公式サイトにあるお問い合わせフォームを送信するだけです。

担当者から詳細に関してメールで返信が来ます。

加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の加入の流れ

無料個別説明会

最初に自分が加入できるかどうかを核にする必要があります。

確認するために無料個別説明会に参加します。

無料個別説明会では、加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」に関する内容や社会保険料に関する質問ができます。

疑問点や不安について納得ができるようにしましょう。

無料個別説明会に参加するには予約が必要です。

予約の仕方

まず加入者が社会保険料を削減できる「社保サポ」の公式ページで「お問い合わせフォームへ」をクリックしてください。

入力フォームに必要事項を入力します。

送信して予約できます。

加入申し込み

個別相談会で加入できるか確認できたら申し込みフォーマットから申し込みをします。

加入申し込みはとても簡単に行えます。

\ 加入者が社会保険料を削減できる! /
「社保サポ」は加入者はどんな人?社会保険料の削減!
タイトルとURLをコピーしました